マツケンさんも大変だな

豪邸
マツケンこと、俳優の松平健さんの3億円の豪邸の売却が決まったみたい。 幼い長男を残して、自宅で自殺をしてしまった亡き妻。 その息子も5歳の年長さんになったのね・・・。 まだ築3年の、地上3階で地下1階の3億円の豪邸だったのに、売却がここまで長引いたのは事故物件で売れなかったって事。 結局は1億円引きの2億円での売却が決まったらしいけど、桁が多すぎて、庶民の私達には実感がないけど、かなり安くなっちゃうのね。 

住めば都???

新しく始まったテレビでボンビーガールの紹介をする番組見たんだけど、世の中にはまだまだ凄い不動産物件があるもんなんだねぇ~。 いっくら憧れの駅から近いと言ったって、部屋の中に穴がボコボコあいているような家に住みたいと思うか??? って言うか、建築基準に従ってないような物件が多い。 地震怖いよなぁ・・・。 今まで壊れなかった方が嘘みたいだよなぁ・・・。 住めば都って言うし、そこに出てきた女子は楽しみながら生活してたみたいだし、いいんだけどね。 それにしても、犬のリードに古いストッキング、ブラのかわりにマスクってのには驚いたわwww

歩いた歩いた

子供の頃からずっといっしょの幼馴染の友達と新大久保ランチした後、一緒にもう一人の友人と合流するため早稲田まで歩いて移動したんだけど、街並みが変わりすぎてビックリだわ~完全にビルばっかりで、個人の住む不動産物件が見当たらないんだもん。 まぁ、大通りを通ってきたからなんだろうけど、私の生まれ育った地元色はどこにもなくて、ちょっと寂しい気がしたな~。 たまに遊びに行くにはいいんだけど、子育てするにあたっては、アスファルトとコンクリートに囲まれて自然のない環境で生活するのは辛いな。

逸見さんの息子

今は亡きアナウンサー、逸見正孝さんの息子で、アナウンサーのような仕事もやりつつ、タレントの太郎さん。 お父さんの建てた世田谷の大豪邸のせいで、大きな相続税に悩まされてるんだって。 今ではお母さんも亡くなって、大きな豪邸に一人暮らしらしいんだけど、なんせ広い家だから光熱費だけで凄い金額になっちゃうらしく、この不動産を売ろうかどうしようか悩んでるって言ってた。 大きな家、必要ないよね・・・。 思い出が沢山詰まっている家なんだろうけど、今は仕事もあまりなく、日々の生活にキュウキュウの状態なのに、家ばかり大きくても何の意味もないしね。 思い出は胸の中にいつまでも残るものだから、形に拘らず自分の生活を立て直した方がいいと思うわ。 頑張ってね(*^-^)

女性目線

不動産業界の中で、老朽化して空き家状態になっているオフィスビルが増える中、トイレの改修工事をするところが増えているらしい。 そうだよ、そうだよ、女性目線だけれども、それって凄く重要な事だと思う!!! 古いビルの中にあるオフィスって、どうしても薄暗くて、寒くて、汚くて、臭くてって言うトイレが多いんだよね(-“- トイレって今では用を足すって事よりも、ゆっくりとメイクを直したり、歯磨きをしたり、綺麗で明るくて落ち着ける空間って捉え方する女性が増えてるからね。 せっかくの不動産だから、大切に有効活用してください