体罰問題

体育会
生徒の自殺を受けて、学校の部活での体罰問題が大きくなっている。

私達の時代は、いわゆる体育会系の学校や部活に入っている人は、

これが当たり前のような感覚で、しごきとして捉えられていて、

教師は勿論、一番やっかいなのは先輩たちからの”しごき”と言う名前のイジメ。

1年はとにかく下っ端で、どんなに理不尽な事を言われてもされても

上級生の言う事には絶対に服従しなければボッコボコにされるのは

当たり前。 それは指導なんて枠からは完全に外れた単なる嫌がらせ、イジメ。

そして、1年から2年になると、同じように新しく入ってきた1年に

この部の伝統だと言いながら、同じことを繰り返す。

これが体育会系の当たり前の姿で当時から辛い思いをしてきた人は沢山いただろうな。

根底には自分がされた事はやり返すと言う、やられ損にだけはなりたくないって言う

気持ちが大いに影響しているんだよね。

それは愛のムチでも何でもない、悪の伝統だと思う。

色々な考えを持った人がいるけれど、私は変えていくべき事だと思うよ

 

 

小心者

今日は私の住んでいる住宅の共同清掃の日だったんだけど、

昨日からの片頭痛が治らず、頭がガンガンだったから、

お休みさせてもらったpq

ここに引っ越してきてから体調悪くて休んだのは初めてだな

班長さんに体調悪く休ませてもらうと電話してから、また眠ったんだけど、

罪悪感??? からなのか、昔からの心配性の癖がでたのか、

掃除に絡んだ嫌な夢ばかり見ちゃったって、ますます憂鬱な気分に~

普段は全くサボりもせず真面目に出てるんだから、気にすることないのにさ。

小心者なんだな~全く我ながら面倒くさい性格だわ

 

お年玉

下の息子にお年玉の由来を聞かれて、う~ん(~ω~;)))と悩む母。

どうやら色々な説があるみたいだけど、日本古来からある伝統的なものが

現在の子供へのおこずかいとしてのお年玉に変わっていったみたい。

もともとは、鏡餅のことを魂を映す鏡として崇めていて、

それを皆んなに分け与えて食べた事から始まったって説もあって、

年が明けると、神様に鏡餅をお供えして、また一つ年を重ねたという事で、

鏡餅を割り、お雑煮の形で食することで、この新しい1年も元気で健やかに暮らせるようにっていう

願いを込めて食べられた事が発祥らしい。

それがどうして子供へのお小遣いになったのか??? 私にも良く分からないままだけど、

確実に間違いないのは、お年玉っていうのは子供にとっては凄くすごく楽しみな事であり、

それをあげなきゃならない大人にとっては、なければいいのにと思う事だってこと。

大人は辛いのよ~(`_´)